HOME > ニュース

ロンドンパラリンピック柔道競技日本代表候補選手選考大会を開催します

期日

平成24年5月27日(日曜)

会場

講道館 女子部道場(東京都文京区春日1-16-30)

参加資格

ロンドンパラリンピック出場資格取得選手で、本連盟が出場を認めたもの。ロンドンパラリンピック出場資格取得選手とは、2010年から2011年にかけて行われたIBSA(国際視覚障害者スポーツ協会)が公認する国際大会に参加し、国際クラス分けを受けている選手のことで、男子14人・女子5人がこれに該当します。

日程

1 受付 8:30~9:00

2 計量 8:30~9:15

3 審判打合せ 9:30~9:50

4 開会式 10:00~10:10

5 代表候補選考試合 10:20~11:20

6 閉会式 11:20~11:30

実施種目

1 体重別代表候補選考試合(男子)

-60㎏ -66㎏ -73㎏ -81㎏ -100㎏ +100㎏ (6階級)

2 体重別代表候補選考試合(女子)

-52㎏ -57㎏ (2階級)

代表候補者の決定

この大会において各体重クラスで第1位になった選手をロンドンパラリンピック柔道競技日本代表候補選手として本連盟から、日本パラリン ピック委員会に推薦する。また第2位になった選手を第2候補者とする。

【注意】

「ロンドンパラリンピック柔道競技日本代表選手」は、後日、日本パラリンピック委員会が選考・審査のうえ決定する。したがって、この選考大会の結果、本連盟から推薦された選手であっても、必ず日本代表選手になるとは限らない。

【参考資料1】

ロンドンパラリンピック柔道競技実施体重クラス

男子:-60㎏ 66㎏ -73㎏ -81㎏ -90㎏ -100㎏  +100㎏(各階級に12カ国・12名が出場できる)

女子:-48㎏ -52㎏ -57㎏ -63㎏ -70㎏ +70㎏(各階級に 8カ国・8名が出場できる)

配分:開催国とアフリカには優先枠が与えられる。他の国の出場枠は、世界ランキ ングの上位から男子は10位まで、女子は6位までに与えられる。

【参考資料2】

ロンドンパラリンピックに我が国が出場する体重クラス

男子:-60㎏ -66㎏ -73㎏ -81㎏ -100㎏ +100㎏(6人)

女子:-52㎏ -57㎏(2人)

なお、男子-90㎏についても、国際ランキング上では出場権を獲得していまし たが、国際パラリンピック委員会の規定で、1国から出場できる最大人数を男子6人・女子5人までに制約されたことにより、エントリーができなくなりました。

※取材を希望される場合は、申込書に必要事項をご記入のうえ、下記のアドレスにメールで申し込んでください。

申し込み先:NPO法人日本視覚障害者柔道連盟事務局
ロンドンパラリンピックメディア担当 柿谷 清
e-mail:kaki47@mb.pikara.ne.jp

取材申込書ダウンロード(word 60KB)

東日本大震災の募金活動をしました

東日本大震災によって、東北学院大学と東北高等学校も多大なる被害を受けられました。

この両校には、毎年合宿等で大変お世話になっております。

このことに関して本連盟が、お役にたてることはないかと考えた結果、募金活動をすることになりました。

募金をお願いした対象は、本連盟の会員と岡山武道館で行われた「第4回全国視覚障害者学生柔道大会」の入場者です。

この募金に寄せられた皆様方の暖かいお志を去る8月26日(金曜)に本連盟の伊藤忠一副会長、柿谷清専務理事、遠藤義安理事の3人が両校にお届けしました。ご協力ありがとうございました。

両校からは、「ありがたくお受けいたします。皆様方の暖かいお気持ちを無にしないように柔道部の建て直しを図っていきます。

そして、また、以前のように皆様方と一緒に練習ができるように努力いたします。」との力強いお礼の言葉をいただくことができました。

111111_2_1

111111_2_2