日本視覚障害者柔道連盟

RECRUIT
選手の募集


競技の発展には選手が必用

以下に2008年より毎年開催している全国視覚障害者学生柔道大会の参加者数を示します。

参加者グラフ

学生大会開催の目的は意欲向上はもちろんですがタレント発掘という重要な役割もあります。実施当初は25名を超える参加者となりましたが、その後は縮小傾向に。特に女子の参加数は5年以上横並びです。リオデジャネイロ大会に出場した選手も当然年を重ねますので、若手選手の登場を期待しています。
参加選手減少の一因には盲学校、特別支援学校で柔道に取り組む学生数そのものが減ったこと、柔道の指導をする教員が少ないことが考えられます。当連盟では指導方法の紹介、指導者向けの講習会開催を計画していますので、興味のある方は是非チェックして下さい。

DOJO & LEADAER

受け入れ道場・指導者の募集

受け入れ道場・指導者を募集しています

目の見えない選手は見て覚えるということができないため、健常の人に教えるよりどうしても労力や技術が必要になり、指導者の確保がとても難しいのが現状です。また同時に、柔道をやってみたいと思っても紹介出来る道場施設はまだまだ十分ではありません。選手を強化するため、また始めたい人を受け入れるためには優れた指導者と練習場所の確保が必要です。競技の発展のために受け入れ可能な道場がございましたらお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

SUPPORTER

応援団員の募集

応援団員を募集しています

「柔道大会の主催・運営」「国内強化合宿の実施」「タレント発掘事業」これらの活動を実行するには相応の経費が必要になり、連盟では4区分に分けて協賛企業の募集しています。それぞれの協賛金額により、公式協賛呼称権や連盟ロゴマーク・キャラクター使用権などが行使できます。また、個人的な支援もお願いしており、著名人や有名選手にも応援団員として参加して頂いております。連盟、選手の一層の活動に皆様の支援をお願いいたします。

詳細へ